これまでの経験が

sampleベテラン家庭教師と新米家庭教師の差で最も大きいのが、これまで教えてきた生徒さんの数です。 家庭教師を利用する方の多くが勉強が苦手だという生徒さんですので、 色々なタイプに合わせた勉強方法を考えてカリキュラムを製作しなければいけません。

机に向かうとすぐに眠くなってしまう生徒さんの場合には、興味のでるようなカリキュラムを準備しなければいけませんし、 勉強がわからないという生徒さんに関しては、 一体どこからわからなくなってしまっているのかをしっかりと把握した上で勉強を教えて行かなければいけません。 中学生の家庭教師を依頼された場合でも、時には小学生の教科書を使って勉強を教える必要がでてきます。

家庭教師は公立の先生と違って決まった事を教えているだけでは対応できない環境の中で働いているのです。 個性的な生徒一人一人に合わせてカリキュラムを組む場合に重要になってくるのがこれまでの経験です。 家庭教師として教えてきた経験という物は、イコールで引き出しの多さへと繋がります。 これまで試行錯誤を行い対応してきたベテランの先生は、対応力はもちろん、どのように教えたら最も理解できるかという経験があります。 これが新米の家庭教師とは大きく違っているポイントなのです。

最新投稿